私たちにできる確実なこと、日本を「戦争のできる国にしない」と言いきる人に私たちの一票を! 国を変える一票を!

かわらばんブログ

最新10件

水俣病が消される

水俣病を「なかったこと」にしようとする動きが始まっています。水俣市在住の方がfacebookに投稿された記事を紹介します。少し長いですが、ぜひ最後まで読んでください。

https://www.facebook.com/100002307605792/posts/2651995901553971?s=100007338877122&sfns=mo

私たち市民の自由が徐々に侵害されている!

参院選終盤、街頭演説をする安倍首相にヤジを飛ばした市民が警察官に囲まれ動けなくさせられたり、排除されたりする事態が相次いで起こっている。
18日にはJR大津京駅前で「安倍やめろ」とヤジを飛ばした男性が、それに先立つ15日にはJR札幌駅前でも、 「安倍やめろ」「増税反対」のヤジを飛ばした男女が排除され、年金について問うプラカードを掲げようとした女性も妨害された。

HTB北海道テレビ
https://www.htb.co.jp/news/archives_5001.html

-個人的なことは政治的なこと-
IKO: 一票で変える女たちの会

「あかりちゃん」が帰ってきた!


2015年、安保法制で日本中が揺れていた時軽妙な語り口と皮肉で安倍政権を鋭く批判して話題になった動画「あかりちゃん」。
当時の「ヒゲの隊長に教えてあげてみた」と同じく、わかりやすさと面白さは天下一品。参院選の投票日も近づいた今、自公政権の悪政の数々をもっともっと拡散しよう。

【一挙公開】あかりちゃん 2019参院選シリーーーーズ!!!!!
#01 あかりがNYからしのごのいう https://youtu.be/GHC0YFRfbTM
#02 あかりと外交の安倍 https://youtu.be/03VXOak2-kU
#03 あかりと失敗アベノミクス https://youtu.be/ft3rXoHIRwg
#04 あかりと女性活躍推進ってやつ https://youtu.be/ClYB0TQo4WI


-個人的なことは政治的なこと-
IKO: 一票で変える女たちの会

youtube.com
おひさです 選挙行けよ?…

もの言うスポーツ選手。


ただしアメリカの話。
さきごろサッカー女子ワールドカップで優勝した米国代表チーム主将ミーガン・ラピノー選手が反トランプの顔になった、と共同通信が伝えている。https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/444037

記事によると優勝祝賀集会で—「憎むことをやめて愛そう。私たちにはより良い世界をつくる責任がある」。数千人の観衆を前にTシャツ姿のラピノー選手が呼び掛けると、大歓声が上がった。

ラピノーさんは、準決勝の前に「優勝してホワイトハウスに招かれたらどうするか?」と聞かれ、鼻でふんと笑い、ホワイトハウスなど行かない、と答えたという。https://rollingstonejapan.com/articles/detail/31340

……ラピノーはこれまでも選手としての知名度を活用して、LGBTQやマイノリティの権利など、自らが信じる様々な問題を支援してきた。彼女とチームメイトは自分たちのフィールドの中で奮闘しながら、性平等のために戦い、他の女性たちを支援してきた。

……現在、彼女は自らを「歩く抗議活動」と呼んでいる。ひとつには、彼女とチームメイトがアメリカ代表のユニフォームを着ていながら、アメリカサッカー連盟を「組織ぐるみの性差別」で訴えているからだ。給与体系、試合会場や頻度、練習内容、渡航手段、選手たちが受ける医療ケアや指導に関し、男女で差があるという……

ラピノーはまた、スポーツ界のLGBTQ界を代表する著名人でもある。2012年、選手生命の真っただ中でカミングアウトした。……教育現場におけるLGBTQを支援する団体GLSENのために、同性愛に差別的な言葉遣いに関する動画を作成したり、LGBTQの子供たちが安心してサッカーができるようにという活動に参加……(ローリング・ストーン誌「大統領訪問拒否の米女子サッカー代表、ミーガン・ラピノーは時代が求めるヒーローだ」より)

 

VOICE 平和をつなぐ女たちの証言

安法制違憲訴訟・女の会が原告の陳述をまとめた『VOICE 平和をつなぐ女たちの証言』(生活思想社)を出版voice。「平和への思い」を軸にした自分史、女性たちの貴重な戦後史ともなっています。

詳しくはこちら

 

自民党本部が全議員に“ネトウヨ本”を配布


自民党本部が所属国会議員に参院選用として冊子『フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識』を配布。中身は野党党首を揶揄、嘲笑する内容で、人格を貶める下品な似顔絵も載っている。しかも発行元は不明。 与野党党首が出演した7月3日のTBSテレビ「NEWS23」でも取り上げられたが、安倍首相は「まったく知らない」として、例によって話をすり替え野党攻撃を繰り返した。ハフポストの記事はこちら
さらに「文藝春秋」8月号には石破茂氏がインタビューに答え、「非常に恐ろしいことです」と答えている記事が掲載されている。
「石破茂が激怒 自民党本部が全議員に“ネトウヨ本”を配布」(https://bunshun.jp/articles/-/12725

人口854万人のスイスで50万人が女性ストライキに参加!

6月14日、スイス各地で賃金の男女格差廃絶を求める全国ストライキが行われました。実は全国的な女性ストライキは2回目。1回目は1991年でこのときも50万人が参加。
女性の参政権は1971年と遅かったスイスのジェンダー格差指数は今や20、日本は110位。先進国中の最低レベルです。

詳しくはこちら

「この国の民主主義は形だけでいい」

本当に久しぶりに登場した社会派作品『新聞記者』。いま、この時代に政権を正面切って批判する、こういう作品がつくられたことに拍手したい。

前川喜平さんの「出会い系バー」報道や伊藤詩織さんの性被害、加計学園問題を思わせる事件が次々登場し、改めて怒りが沸いてくる。

松坂桃李のような人気俳優が出ているのがまたいい。「どんな映画か知らないまま、松坂見たさに出かけて行ったが、見てよかった。考えさせられた」というような若い人の意見が散見されるからだ。

公開されてまもなく、公式サイトがサイバー攻撃を受けてサーバーがダウンし、さらにテレビのプロモーションが拒否された。だがそれでも観客動員が好調なことが救いだ。2週目に入ってさらに伸びたという。映画の力はまだまだ大きい。これがきっかけになってかつての黒澤明・山本薩夫・小林正樹監督のような骨太な作品が生まれることを!

記事はこちら

映画『新聞記者』は望月衣塑子さんの同名の著書を元にしたものだが、公開と同時期に出版された望月衣塑子さんら同調圧力の『同調圧力』(角川新書)も評判だ。

第1章「記者の同調圧力」を望月衣塑子さんが、第2章「組織と教育現場の同調圧力」を前川喜平さんが、第3章「メディアの同調圧力」をマーティン・ファクラーさんが分担執筆。巻末には3人の「同調圧力から抜け出すには」も収録されている。と聞けば映画の帰りに本屋さんに寄ることになりそうだ。

 

大学の姿勢について考える

東京新聞2019年6月28日で、立教大学がカジノ推進の人材育成を掲げる講座をマカオ大学と共催することが報じられた。それによると、この講座はカジノ産業のビジネスセミナーのような内容で「カジノ推進」の政策に呼応しているように見えるが、立教大学は共催の経緯をたずねても「コメントする予定はない」との態度とのことである。大学は産業界や政府の政策にどう距離を保つのかが大きな問題である。

この記事を読んで思い出したのは次のことである。

2018年の国会衆議院予算委員会での安倍首相の裁量労働制データの答弁に、上西充子法政大学教授が疑問を述べ(それにより答弁は撤回されたが)その後も問題点を指摘し続けた。すると与党議員からFacebookで上西氏に嫌がらせや妨害とも言える意見が相次いだ、という。

そんなとき、田中優子法政大学総長が次のメッセージを発表したのだ。(2018年5月16日)

「昨今、専門的知見にもとづき社会的発言をおこなう本学の研究者たちに対する、検証や根拠の提示のない非難や、恫喝や圧力と受け取れる言動が度重ねて起きています。その中には、冷静に事実と向き合って社会を分析し、根拠にもとづいて対応策を吟味すべき立場にある国会議員による言動も含まれます。

日本は今、前代未聞の少子高齢化社会に向かっています。誰も経験したことのない変動を迎えるにあたって、専門家としての責任においてデータを集め、分析と検証を経て、積極的にその知見を表明し、世論の深化や社会の問題解決に寄与することは、研究者たるものの責任です。その責任を十全に果たすために、適切な反証なく圧力によって研究者のデータや言論をねじふせるようなことがあれば、断じてそれを許してはなりません…………」

全文はこちら

これは社会の問題解決に寄与する研究者の責任と、それを支援する大学の立場を明快に述べていて、大学に限らず社会の問題解決に取り組む多くの人にも勇気を与えた、と思う。

あなたの一票を性差別撤廃につなげよう

ジェンダー平等度が世界149カ国中110位と異常に低いのは政治の責任。
財務大臣が「セクハラ罪という罪はない」と発言、6月30日には「ニコニコ動画」での党首討論で、安倍首相が選択的夫婦別姓制度は「経済成長と関わりがない」と述べて返答を避け、批判が殺到した。7月21日は参院選の投票日。あなたの一票で性差別撤廃に背を向ける安倍政権に審判を!

ニュース記事はこちら

11件-20件

kawaraban26galley617

かわらばん26号

一番たしかなもの 『僕たちは希望という名の列車に乗った』を観て……平野卿子 99%フォーラム学習会「消費税減税・格差是正の税制改革とくらし安心社会への財政投資で日本経済を再生せよ!」(講師:藤井 聡 ...
kawaraban25HP

かわらばん25号

学者・弁護士・新聞労連が、東京新聞の記者質問を敵視する「官邸の申し入れ」に抗議 —角田由紀子弁護士の記者会見全文 シンポジウム「森友 真相に迫るメディアの役割」参加報告……坂元良江 「新安保法制 ...
kawaraban24HP

かわらばん24号

消費税を上げずに社会保障財源を生む税制とは—湖東京至さん講演記録 湖東京至さんの講演を聴いて………今清水義紀 「真実を見抜く裁判官、必ずいると信じたい」—恵庭OL再審、高裁も棄却 出所の大越さん ...
181117湖東4-

ミニ講座:消費税を上げずに社会保障財源を生む税制とは

〜身近なお金の問題から政治の歪みを考える〜その2 湖東京至さんに聞く—消費税を上げずに社会保障財源を生む税制とは 2018年11月17日(土) 13:30〜16:00(開場13:00)  ...
kawaraban23

かわらばん23号

緊急集会参加報告 ①杉田水脈議員の辞職を求める自民党本部前抗議 ②東京医大入試女性差別問題緊急院内集会「私たちは女性差別に怒っている」……村山千津子 この三年半をふり返り、これからを考える〜暉峻淑 ...
かわらばん21号0715

かわらばん22号

司法におけるジェンダー問題〜恵庭OL殺人事件の再審請求から………伊東秀子 セクハラは犯罪!麻生太郎財務大臣は、次官のセクハラ行為と、 自身の発言の責任をとって即刻辞任を!………坂元良江 映画「タ ...
d8a421dd8f7bd822c83ee1b11852704e

かわらばん21号

セクシュアルハラスメントは人権問題……角田由紀子 映画:『ペンタゴン・ペーパーズ』………村山千津子 市民と野党をつなぐ会@東京(つなぐ会)だより 第五信……羽立教江 ...
かわらばん20号

かわらばん20号

安倍改憲NO! 憲法九条は世界の宝 市民と議員のリレートーク 憲法九条は世界の動きを先取りしている………角田由紀子 20代の視点から改憲について言いたいこと……是恒香琳 祖母も母も戦争未 ...
かわらばん19号

かわらばん19号

10.26 学習会記録 憲法改正と人権・平和・教育 講師:志田陽子さん ...
12・5チラシ2

9条は世界の宝 市民と議員のリレートーク

と き:2017年12月5日(火)11:30~13:00 ところ:参議院議員会館 講堂 *11:00より会館ロビーで通行証を配布します。 日本国憲法は、戦争はしないと約束した世界に誇る宝です。 ...