お知らせ

掲載日:2015/09/04

全国会議員へのアンケート結果(9月1日[火]の発表内容)

この8月、私たちは、衆・参全国会議員716人に安保法制等に関するアンケート調査を実施しました。
ご多忙にもかかわらず、アンケートにご協力下さった議員の皆様に、あつく御礼申し上げます。
調査の目的は、安保法制とそれに関連する辺野古基地移転問題、原発再稼働について、全国民の代表者である国会議員一人一人の意見を明らかにすることです。
7問のみのアンケートでしたが、回答数は衆・参あわせて75、全体の1割でした。
このうち与党は、自民党がわずか2通、公明党にいたってはゼロ回答でした。
「全力を挙げて国民の皆様に本法案の必要性・重要性を説明する努力をする」と与党は約束していましたが、実は、そのような意思は希薄であることをこの結果は明らかにしているのではないでしょうか。

アンケートの集計結果と自由記述の全データはこちらからご覧いただけます。
また回答者、および非回答者の選挙区別一覧も掲載しました。

調査結果については、9月1日に記者発表をおこない、東京新聞や琉球新聞、長崎新聞、京都新聞、TBSラジオなどで報道されました。

アンケートの集計結果

回答者・非回答者 選挙区別一覧
衆議院(10ページ)
参議院(4ページ)

アンケート結果回答数
graph
アンケート結果集計表
衆議院・参議院(2ページ)

アンケート結果
衆議院(5ページ)
参議院(3ページ)

【デモクラTV動画】一票で変える女たちの会・安保法制(案)全国会議員アンケート記者発表
日時:2015年9月1日 12:00~13:00
於 :参議院会館 B104
角田 由紀子(弁護士)
伊東 秀子 (弁護士)
福島みずほ (社民党参議院議員)